夏におすすめの“麻の寝具”で快適な睡眠を!

公開日:
更新日:2015年09月23日

皆様こんにちは、半ざむ向ヶ丘本店 店長の岸井と申します。

梅雨も明けて、いよいよ夏本番ですね。それでも、湿気が多くジメジメしてますね。

クーラーなどで、体調など崩されてはいませんか?

外では、暑さが続いているので熱中症などに十分注意して下さいませ。

さて今回は、寝具の素材としても人気の麻について、お話しさせて頂きます。

夏におすすめ!麻の寝具

suimin

麻と聞くと、どのようなイメージがあるでしょうか?

きっと、少しザラザラ、ごわごわしたような肌触りを思い浮かべる方が多いと思います。コーヒーなどが入っている“麻袋”のイメージが一般的になってしまっているからでしょうね。

上記も同じ“麻”ですが、実は麻と呼ばれる繊維には様々な種類があります。その中で、寝具に使われる麻は“リネン”と呼ばれるものを使っています。

リネンは柔らかい触り心地で肌なじみもよく、心地よい寝心地を与えてくれる天然素材。

触り心地が良いだけでなく、その機能性から得に夏場おすすめしています。

麻の繊維は中空糸と言って、繊維の真ん中に穴が開いています。その構造により、繊維自体に熱をためずにさらっとしているのです。ひんやりした感覚だけでなく、湿気を吸収し放出させるので湿気がこもらず、ジメジメした暑い夏の夜に最適です。

涼しく、湿気がこもらない麻を使用したパッドシーツは、数年前から人気商品になりました。リピーターの方も多くいらっしゃり、最近では「使ってみたらよかったから」と、家族でご使用頂ける方も増えてきています。

今シーズンは、オリジナルの麻のガーゼケットも登場しました。

薄くて軽いガーゼケットは、さらっとしていて、ベタつかないので、とても爽やかにお使いいただけます。この季節に最適の麻素材の商品を是非お試しください。

麻寝具の取り扱いや洗濯方法

麻の寝具の取り扱いは難しいと思われがちですが、意外とシンプル。

通常どおり洗濯も出来ます。ただし、縮みやしわになりやすいので、干す前に一度伸ばして頂いたほうが良いでしょう。

ちなみに、夏におすすめ!と申し上げましたが、実は私は一年通して使用しています。

冬場に使用すると、掛けるものが暖かくなり布団の中が蒸れやすいため、麻が1枚あると蒸れ感が軽減され程良く快適に睡眠出来ています。もちろん、個人差はありますが。

冷感素材商品と麻の違い

麻は天然繊維でありながら、ひんやりとした寝心地を体感できますが、最近では冷感素材の商品も多く販売されていますよね。

どのように違うかというと、市販の冷感素材商品は、室温によってひんやり感が変わります。

室温28度以下だと商品の性能を活かしやすいです。それ以上になると、暖かくなりやすいので、汗をかきやすくなります。

化繊の製品ですので、基本的には汗の吸収はあまり良くありませんので、使用する環境に気を付けて下さい。

一方麻製品は天然素材だからこそ、汗も吸収してくれて、さらにその湿気を放出しサラっとした寝心地を維持できます。好みはありますが、やはり天然素材が一番快適な睡眠がしやすくなると思います。

まだまだ、暑さが続きますので、お体に気を付けてお過ごしくださいませ。

■こんな記事もおすすめ
睡眠の質がグンと上がる!整圧ふとんの情報をもっと見る。
個別管理・徹底洗浄で安心!半ざむのふとんリフォームをもっと見る

お問い合わせ、ご注文フリーダイヤル
フリーダイヤル 0120-8036-07
電話対応時間 10:00-19:00(平日土日祝)

■ 主な販売営業エリア

神奈川県
川崎市麻生区 川崎市川崎区 川崎市幸区
川崎市高津区 川崎市多摩区 川崎市中原区
川崎市宮前区 横浜市青葉区 横浜市都筑区
東京都
世田谷区 狛江市 調布市
町田市 多摩市 稲城市

■ お支払いには、現金の他、各種クレジットカードもご利用いただけます。
各種クレジットカード

■ PayPay(スマホ決済)もご利用いただけます。

■各種ポイントカード(Pontaポイント・楽天ポイント・WAON POINT)もご利用になれます。
ポイントカード