梅雨時期のカビ対策!布団を湿気から守るためのお手入れとは?

公開日:
更新日:2020年11月18日

皆さん、いつもお世話になっております。

梅雨らしくジメジメしていて中々晴れ間が見えなく、体調を壊しやすい季節ですが、皆様は大丈夫でしょうか。

この季節、天気が落ち着かずジメジメしてお布団など外に干す事が出来ないので、余計に部屋の中がジメジメしていませんか?

除湿や空気清浄機などで対策はされている方も多くなっていると思います。

こんな時期に、起こりやすいのが、カビ!今回はカビの対策を紹介したいと思います。

梅雨時期のお布団カビ対策!カビから守るためのお手入れや対策は?

kabi2

皆様はどのように対策されていますでしょうか?特に布団の・・・。

知らぬ間にお布団がカビているなんて事ありませんか?

布団の裏に黒い点々が出来ているなんて事ありませんか?

出来てしまった場合は、点々は消えませんがカビの菌はクリーニングする事で綺麗にすることは出来ます。

お布団のカビ対策!簡単なお手入れ方法

では、カビさせない為にどうすれば良いか?

まず一番は敷きっ放しにしない。どうしても部屋の状況や生活環境、収納の関係で敷いたままになる事もあるかと思います。

kabi1

なるべく、部屋の空気を入れ替えて、お布団に対して風を当てて下さい。

特に床とお布団の間。

その中でも、フローリングに直接敷いている場合は要注意です。

フローリング自体が湿気分を吸ってくれないので、お布団との間に湿気がたまりカビやすくなってしまいます。

畳の場合は、畳が湿気は吸ってくれますが、油断をすると・・・。

除湿機を使うのもよいですね。

kabi3

簡単なカビ対策におすすめなドライウェル(除湿シート)

そこで登場するのが、東京西川のドライウェルという除湿シートです。

湿気・カビ対策は勿論なんですが、この商品凄いんですよ!

湿気を良く吸ってくれるので、商品に湿気が残りづらいので、商品の劣化を遅らせてくれるのです。特にウレタン素材の商品は水分が多く含んだり、浸透していくと柔らかくなるのが早くなります。

そのようになるのを、少しでも遅くしてくれるのが、ドライウェルなんです。

ロングラン商品でもありますし、湿気が溜まるとセンサーがピンクに変わるのでその状態になったら、干せばまた色が変わるので再使用出来ます。少しでも商品を長く使う為にも、是非使ってみてください。

合わせて、羽毛ふとんのメンテナンスも好評なので宜しくお願い致します。

それでは今回はこの辺で失礼いたします。

関連:ウレタンマットレスのクリーニング

お問い合わせ、ご注文フリーダイヤル
フリーダイヤル 0120-8036-07
電話対応時間 10:00-18:00(平日土日祝) ※緊急事態宣言を受けて短縮営業となっております。

■ 主な販売営業エリア

神奈川県
川崎市麻生区 川崎市川崎区 川崎市幸区
川崎市高津区 川崎市多摩区 川崎市中原区
川崎市宮前区 横浜市青葉区 横浜市都筑区
東京都
世田谷区 狛江市 調布市
町田市 多摩市 稲城市

■ お支払いには、現金の他、各種クレジットカードもご利用いただけます。
各種クレジットカード

■ PayPay(スマホ決済)もご利用いただけます。

■各種ポイントカード(Pontaポイント・楽天ポイント・WAON POINT)もご利用になれます。
ポイントカード