冬こそおすすめ!天然繊維、シルクの布団。

公開日:

皆さんこんにちは半ざむ本店店長の岸井です。

最近、寒くなり冬って感じになりましたね。当店の方は5cm位は積もってました。

さて、今回は天然繊維の商品についてお話しさせて頂きます。

天然繊維のシルクは冬にぴったりな寝具です。

最近では、マイクロファイバーやフリース等の化学繊維の商品が多数出ていますが、良い眠りをして頂くためにあえて化学繊維を少し否定させて頂いて、お話をさせて頂きます。(あくまでも私の考えなのであしからず。)

日本には4季があります。最近では少しずれているような気がしますが・・・。

季節に応じて、寝具も変化させていき快適な眠り快眠を、皆様にはして頂きたいと思っています。

まずはこれからの季節に適した素材‘絹(シルク)’についてです。

silk4

昔ながらの素材で、着物などに良く使われる繊維です。

寝具では、カバー・毛布・真綿ふとん等で使用されています。

光沢があり、肌触りが良いシルク。特に真綿ふとんのお話をします。

真綿は、昔ながらの綿布団の最後の押さえやはんてん等にも使われています。

その真綿のみで作ったこれからの季節に最適の掛け布団が真綿ふとんです。

1年を通して使って頂ける掛け布団です。

糸切れが無くホコリが出にくく、お布団の中の温度(寝床内温度)を調節してくれます。

とても柔らかく体にフィットしてくれるので、寝がえりをしても肩口が開かないので首が冷えずらくなります。

シルクですので、保湿成分もありますから女性の方にはとても良い寝具ですよ。

化繊の製品は汗を吸ってくれませんので、蒸れてしまい風邪をひきやすいかもしれません。

快適な睡眠をして頂きたいから、真綿ふとんをお勧めします。

silk

また、毛布などでもアクリルやポリエステルの毛布などは羽毛布団の場合は、なるべくお布団の上をお勧めします。何故か、先程も言いましたが保温性は高いのですが、通気性があまりない為お布団の中が蒸れてしまい、毛布が足元に行ってしまうことがありませんか。

綿や羊毛の布団でしたら、中に入れて頂くと暖かいと思います。

出来れば天然繊維はお布団の中、化繊はお布団の外でご使用して頂くと宜しいと思います。

当店では、毛布なども体験できますので、是非お試しをしてご自身にあった物を使って快適な眠り快眠をして頂きたいです。

皆様のご来店お待ちしております。

それでは失礼いたします。

お問い合わせ、ご注文フリーダイヤル
フリーダイヤル 0120-8036-07
電話対応時間 10:00-19:00(平日土日祝)

■ 主な販売営業エリア

神奈川県
川崎市麻生区 川崎市川崎区 川崎市幸区
川崎市高津区 川崎市多摩区 川崎市中原区
川崎市宮前区 横浜市青葉区 横浜市都筑区
東京都
世田谷区 狛江市 調布市
町田市 多摩市 稲城市

■ お支払いには、現金の他、各種クレジットカードもご利用いただけます。
各種クレジットカード

■ PayPay(スマホ決済)もご利用いただけます。

■各種ポイントカード(Pontaポイント・楽天ポイント・WAON POINT)もご利用になれます。
ポイントカード