睡眠と食べ物の関係を知って良質な眠りを手にいれよう。

睡眠というのは面白いもので、「衣食住」のどれとも切っても切れないものです。

衣・・・キツイ洋服を着ていたり、合わない素材であったり、暑すぎたり寒すぎたりすると、やはり快適な寝心地とはほど遠いものになってしまいます。
住・・・睡眠の部屋の環境、防音性や遮光性など、寝具以外にも住環境というのは睡眠に大きな影響を与えます。

そして、今回紹介したいのが「食」。食事と睡眠というのも、やはり切っても切れないものの1つです。毎日の食事、毎日の睡眠だからこそ、意識して良質なものにしていきたいですよね。

睡眠と食事の関係

食事には、良質な睡眠をサポートする食事と、睡眠の妨げとなる食事があります。どのような食事が良く、また悪いのかチェックしてみましょう。

suimin

睡眠の質を下げる?食事や飲み物

人は眠る前にメラトニンが分泌されて、身体と神経が段々と休まっていくことで、健やかな睡眠を行なうことができます。

睡眠を妨げる食事というのは、「休まらない状態」をになることです。例えば、刺激の多い食事や、胃に負担をかける食事、興奮作用のある食事などが睡眠にとっては余計なものです。

コーヒー:コーヒーに含まれるカフェインはご存知の通り睡眠を妨げる興奮作用があります。眠る前に摂取するのは避けましょう。

アルコール:お酒を飲むと良く眠れる…という方は注意です。寝ている間にアルコールを分解するため毒素が発生し、眠りの妨げになります。また、「飲んでパタン」と寝るのは「気絶」と一緒と呼ばれるほど危険なこと。控えめにしましょう。

辛いもの:唐辛子などの辛いものは、胃に刺激を与えてしまい、良質な睡眠につながりません。辛いものだけでなく、ニンニクやネギなども刺激が強いので、眠る前の過剰摂取は控えましょう。

揚げ物:食べた後にすぐ消化されるものは良いのですが、消化に時間がかかるものを食べると、睡眠中に胃に食べ物が残り続けることとなります。特に夜遅い食事には注意が必要です。

食べすぎ:消化に悪いものでなくとも、大量に食べると胃で消化しきれずに残ってしまいます。寝る前の暴飲暴食には注意しましょう。

タンパク質の少ない食事:肉や魚、大豆などのタンパク質を摂取しないと、アミノ酸が少ない状態になります。アミノ酸はメラトニンの分泌を増やす大事な栄養素。特にベジタリアンなどでタンパク質を摂取しない…というのは要注意です。

良質な睡眠につながる食べ物

睡眠に良い食べ物は、メラトニンが分泌される食事です。

メラトニンとは、原材料のトリプトファンから作られます。このトリプトファンはアミノ酸の一種であるため、肉や魚、大豆製品などタンパク質を摂取することで作りだすことが出来ます。

また、トリプトファン自体が多く含まれる食べ物もあるので、積極的に摂取すると良いでしょう。

食品中に含まれるトリプトファンの量(食品 100 g あたり)

食材 含有量(mg)
バナナ 10
牛乳 42
ヨーグルト 47
豆乳 53
白米 89
そば 192
アーモンド 201
肉類 150~250
糸引納豆 242
プロセスチーズ 291
ひまわりの種 310
たらこ 291
すじこ 331

トリプトファンwikipediaより

ただし、どんな食べ物も食べすぎはNG。寝る前の暴飲暴食は避け、寝る前3時間は水分だけを摂取することをおすすめします。

毎日の食事にも気を使い、よく眠れる毎日を送りましょう。

お問い合わせ、ご注文フリーダイヤル
フリーダイヤル 0120-8036-07
電話対応時間 10:00-19:30(平日土日祝)・水曜日定休

■ 主な販売営業エリア

神奈川県
川崎市麻生区 川崎市川崎区 川崎市幸区
川崎市高津区 川崎市多摩区 川崎市中原区
川崎市宮前区 横浜市青葉区 横浜市都筑区
東京都
世田谷区 狛江市 調布市
町田市 多摩市 稲城市

■ お支払いには、現金の他、各種クレジットカードもご利用いただけます。
各種クレジットカード

■ PayPay(スマホ決済)もご利用いただけます。

■各種ポイントカード(Pontaポイント・楽天ポイント・WAON POINT)もご利用になれます。
ポイントカード